<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

レポート2連敗

個別的労働法のレポートが、2連敗してしまった。

選んだ課題は、第1と第4。

第1課題の指導票では、「書くべきところ」が抜けているとのことだった。
設問は「有期労働契約の反復更新後の雇止め」についてだけど、最新の判例100選にも
同様の争点が問われている判例の記載はなかった(裁判例はあります)。

第4課題については、整理解雇について、もっと掘り下げて(労契法16条の派生法理)まとめあげようと思う。

いずれにしても、来週から入院手術なので、・・・退院してから。





通信制大学を卒業するには、「モチベーションが大切だ」といわれているけれど、
ぼく自身は、特に熱くもならず、冷めもせず、3年間やってきた(計画は重要)。


卒論の題材も決まってきたので(憲法でいきます)、あと1年、今のスタイルで「卒業」する予定です。



[PR]
by koubaidou | 2017-01-24 22:37 | レポート

とりあえず受けてきた

1月9日、科目試験を受けてきた。

科目は、物権の1科目のみで試験問題は2問必答だった。

労働法も受験の申し込みをしていたけれど、第1課題のレポート×が1月6日に判明。
あと、第4課題を提出しているけれど、結果はでていない。




物権は、昨年の10月に長野でスクーリングを受講し、当然、合格したと思っていたら落ちてしまったのだ。
スクーリングに行っているのに初日の受講後、映画(君の名は)などをみていては・・・やっぱりダメだ。



というわけで、今回の科目試験への挑戦となった。

とりあえず2年分の過去問を分析。

分析の結果、分かったのは出題されている問題は、事例問題。
王道ではなくマニアックな問題が多く、また、同類の問題がない、ということだった。


試験対策を始めたのは1月7日の夜からで、次の8日と9日の午前中のみという、超ヤマ張り型の対策となった。

前回2016/11の試験では、抵当権が出題されていたので、抵当権はパスして、占有改定や先取特権・物上代位、有益費などについて対策をした。

演習本などをあたったけれど、それらしい問題はなく・・・、
これは、たぶん出題している先生が意図的に王道問題をはずしているような感じ、かなあ。




[PR]
by koubaidou | 2017-01-10 23:22 | 科目試験

同窓会

1月2日は5年ぶりの中学校の同窓会だった。

体調不良もあって、参加を迷っていたけど、結局参加することに。

僕が卒業した中学は、いなかの公立中なので、裕福な子もいれば、そうでない子もいた。
また、学力レベルが均衡している高校・大学と違って優秀な子もいれば
そうでない子もたくさんいた。今でいう、格差社会の縮図。


そして、
卒業から40年、その格差はさらに開いてしまったように感じた。



まずは、経済格差だ。

職業から想像すると、上は年収800~1000万、下はたぶん200万前後。

中学時代、ぼくのように学力が低かった子の下剋上はなかったように思う。



グローバル化によって、先進国の富が新興国(途上国)へ流れ、全世界の経済格差は狭まったけれど

日本など先進国の「労働集約的仕事に携わってきた中間層」は、新興国の人たちの所得レベルに、

必然的に近づくので、日本においては、経済格差が広がっているといえる状態だろう。

また、消費税のupにより、さらに経済格差を広げてしまっていると思う。





次の同窓会は5年後だけど、経済格差の次は、健康格差かなあ。


いなかの公立中学同窓会の一幕でした・・・
[PR]
by koubaidou | 2017-01-04 22:59 | 日々あれこれ