<   2014年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

センター試験がちかづいてきた

次女の大学入試、センター試験があと2週間ちょっと、と近づいてきた。

子供の大学入試は2回目なので、長女のときよりも、親として余裕がある。

直近の駿台センター模試でなんとか第一志望・国立大のC判定がでた。
でもこの国立大は2次試験の配点が高く、足切りもあるので
センター模試のできがよくても、あまり喜べない。

私大の、みやこのせいほく大・法は、なんとかBになっている。
この大学は、センターでだめだったら、一般入試もあるので
なんとか受かってほしい。

もちろん、中大・法、それと明治・法もセンターで受ける。
おかげさまで、現在のところ、駿台マーク模試では
どちらもAをもらっている。
[PR]
by koubaidou | 2014-12-31 01:18 | 日々あれこれ

卒論は租税法

白門1月号に、2015年度から租税法が新設されるとのこと。

卒論の題材を憲法の何かにしようと考えていたけど、
租税法に変更しようと思う。

卒論提出は、2016年3月期以降許可。
タイミング的にも問題は生じない。


税は、すべての国民に関係するものだし、税の種類も多い。
社会の変化における税制の変化や
しかも、他国の税制と比べることもできる。


税制そのものは、国家において、「国民の富の再分配の入り口」に位置するものなので
ある程度の公平性が求められると思うが、ひずみも多い。


でも、再分配の出口のほうが、大きなひずみがある。特に自民党政権に戻ってから・・。

これからの日本は、経済的弱者は、さらに住みにくくなるだろう。
ただ、世界的に見れば、まだまだ住みやすい、いい国だと思う。
[PR]
by koubaidou | 2014-12-30 00:54 | 卒業までのみちのり

卒業に向けて

僕が中大・通信に入学した理由は、自分の能力を確認するためだ。

10年ほど前に、慶應義塾通信(法・政治)に入学したが、
慶應義塾は1回のスクーリング期間が長くて、
入学早々、卒業は無理だと判断した。

6年ほど、授業料を払い続けていたが、最後は授業料未納となり
除籍となった。

慶應義塾では、自分の能力を試す前に、(6年かかったが)却下されてしまった。
レポートの課題を見ることもなく、教科書を開くこともなく
僕の慶應通信はおわってしまった。

※中大に入ってから慶應義塾の教科書・債権総論と西洋史を
レポート作成のため、初めて開いた。




中大通信に入学した理由は、卒業率がそれなりに低いこと。←(これは重要)
学ぶ学問が法律であること。
そして、高3の次女が法律家(判事とのこと)を目指しているため、
それなりの会話ができるだけの、法律的知識の獲得のため。

僕が、僕自身に課している課題は、最短で卒業すること。(3年次編入のため2年間)
そのためには、最短卒業するための最適解を見つけなければならない。

法律の条文を理解するのはとても重要なことだと思う。でも、すべての法律の条文を
理解するのは不可能だ。

中大法学部教授数を数えれば、一人ですべての法律を理解することが
困難であることはあきらかだと思う。


結局のところ、僕が中大で学ぶ意味は、
社会生活において発生する課題(解決しなければならない問題)に対して、
限られた時間のなかで、対応・処理・解決できる能力を高めるためだ。

法律の知識は必要だけれど、最重要ではない。
知識(情報)はスマホで簡単に手に入る。
[PR]
by koubaidou | 2014-12-27 00:38 | 卒業までのみちのり

Eレポ、再提出

法学Eレポを再提出した。(本日01時頃、ゆうゆう窓口速達)

しかし、手書きはつらい。

1月9日の科目試験前に合格すればありがたいけど
日数が少なすぎる。
[PR]
by koubaidou | 2014-12-24 22:16 | レポート

民法1(総則)

民法1(総則)第二課題・未成年の行為能力のレポートが
Aで合格した。添削担当のインストラクター様、ありがとう。

このレポートは11月28~30日の短スク、後出しレポートで
レポート提出期限も過ぎた12月13日・22時ごろに郵便局のゆうゆう窓口から
速達で送ったものだ。


たぶん、短スク試験は合格(見込み)しているはずだから、24単位取得となる。

3年次編入なので、卒業に必要な単位は80単位。
卒論8単位を除くと、あと48単位となった。


最短2年での卒業を目指しているので、来年はかなりハードな年になりそうだ。
[PR]
by koubaidou | 2014-12-23 00:20 | レポート

落ちた法学レポート

E判定・法学第一レポート指導内容

☆論点
1.どのようにして近代市民法は生まれたのか
・歴史的背景
・法実証主義
・自然法
・人権 なになに権
・ナポレオン民法典
・私的自治

2.生成時の近代市民法の規範原理(ていねいに説明)
3.修正された近代市民法の規範原理
4.「2と3」の比較検討
5.どのような問題が生じたか、それがどのように修正されたか
 その結果なになにが(法)が生まれた

僕のレポートは1.の記述が乏しすぎた。


法学のレポートは時間がかかりすぎる、まとめるまでの
インプット作業がとにかくたいへんだ。


1月の科目試験を申し込んだが、レポートが間に合わないかもしれない。
[PR]
by koubaidou | 2014-12-22 00:18 | レポート

民法1(総則)

民法1(総則)・第一課題(権利なき社団)のレポートがBで合格。

弘文堂の新論点シリーズ4民法総則(この本は書店で購入)の内容をベースに
その他文献5冊程度を図書館から借りてきて書き上げた。

ポスト投函 11月30日
結果判定日 12月8日



第二課題を早く仕上げないと、短スク試験が無駄になる。


・現在のレポート合格率
12/14 85パーセント

・不合格レポート
刑法各論 第一課題 1回目E 2回目D
法学 第一課題 1回目E 2回目作成中
[PR]
by koubaidou | 2014-12-08 23:13 | レポート

民訴法

オンデマンド。民事訴訟法のスクーリングが終了した。
チェックポイントを4つも間違えてしまった。



レポートをまだ書き始めていないので、
今月中に(合格レベルのレポート)2通の作成は無理だから
2015年1月の科目試験はパスするしかない。
[PR]
by koubaidou | 2014-12-04 23:58 | スクーリング

刑法各論

11月2日の科目試験・刑法各論が、かろうじて「D」で合格した。

第二期オンデマ・スクを終了していたが、試験は一般の試験を受けた。
理由は試験範囲が、限定されていたからだ。

問題自体は、想定外の問題で多少の戸惑いがあった。



僕の想像していた問題は、土地、その他有体物の横領。
実際の試験は、業務上横領とデジタルデータの横領?的な問題で、

たぶん、業務上横領の内容を記述していたので、合格できたのだと思う。




1.科目試験のための学習時間 ・1日2時間×1週間程度

2.学習方法・司法試験用過去問集で解法理論を理解する

3.単位取得難易度(レポート含む)  【3.普通でした。】

 【5.難関  4.やや難関  3.普通  2.やや簡単  1.簡単】
[PR]
by koubaidou | 2014-12-03 00:07 | 科目試験