とりあえず受けてきた

1月9日、科目試験を受けてきた。

科目は、物権の1科目のみで試験問題は2問必答だった。

労働法も受験の申し込みをしていたけれど、第1課題のレポート×が1月6日に判明。
あと、第4課題を提出しているけれど、結果はでていない。




物権は、昨年の10月に長野でスクーリングを受講し、当然、合格したと思っていたら落ちてしまったのだ。
スクーリングに行っているのに初日の受講後、映画(君の名は)などをみていては・・・やっぱりダメだ。



というわけで、今回の科目試験への挑戦となった。

とりあえず2年分の過去問を分析。

分析の結果、分かったのは出題されている問題は、事例問題。
王道ではなくマニアックな問題が多く、また、同類の問題がない、ということだった。


試験対策を始めたのは1月7日の夜からで、次の8日と9日の午前中のみという、超ヤマ張り型の対策となった。

前回2016/11の試験では、抵当権が出題されていたので、抵当権はパスして、占有改定や先取特権・物上代位、有益費などについて対策をした。

演習本などをあたったけれど、それらしい問題はなく・・・、
これは、たぶん出題している先生が意図的に王道問題をはずしているような感じ、かなあ。




[PR]
by koubaidou | 2017-01-10 23:22 | 科目試験
<< レポート2連敗 同窓会 >>