後戻りはできない

法曹を目指している次女が、4月から伊藤塾へ入塾するため
父親である僕も次女と一緒に伊藤塾御茶ノ水校へ行ってきた。

次女はまだ未成年のため、入塾契約は親がいたほうがいいと言われたそうだが、
特に、僕の署名とかは求められなかった。

僕がしたことは、授業料の支払いのみだった。
授業料の支払方法は、銀行振り込み(一括)、カード決済(一括)、分割での支払い(ローン)
からの選択だったけど、銀行振り込みと分割払いは手数料がかかるので、支払いを先送りでき、
かつ、手数料がかからず、しかもポイントがもらえるカード決済を選んだ。






上記の支払いと同様に、僕は、ほとんどの買い物はカード決済だ(コンビニ等も)。
カードで支払う人は、「必要のない余計なものまで買ってしまう傾向にある」と批判をする
人(節約評論家的なFPなど)もいるけれど、ぼくは、物欲はあまりないので無駄なものは買っては
いない(主観です)。

僕のお金に対する考え方は、倹約>節約。
人生において大切なことには、お金を使っています。



そう、僕が買いたいと思うものは、モノではなく、「時間」です。
「今しかできない」という、後戻りができない「時間と空間」です。
今月、イタリア旅行に行ったのも、後戻りできない時間を買ったということです。

4月から長女は社会人、次女は大学と伊藤塾のダブルスクールで、
これから先、家族4人での旅行はむずかしいから。




モノにお金を費やせば、その時はちょっぴり幸せだけれど
旅行など、楽しい時間を得ることに費やせば、これから先、
ずっと、楽しかった思い出に浸ることができるからね。
[PR]
by koubaidou | 2016-03-27 22:22 | 日々あれこれ
<< 卒業率はどうだったのだろう 卒業式 >>