2016年度の計画

1月の科目試験から2ヶ月ほど、大学の学習から離れていたので、
「これではいけない」ということで、2016年度の計画をたててみた。

まず、卒業するには、あと32単位が必要となっている。
32単位から卒論8単位をマイナスすると、
残り24単位を、科目の単位(スク、科目試験)・演習で取らなければならない。

2016年度はスクーリング受講科目は、絶対に落とせない。
2015年度は後出しレポートがE評価でスクーリング受講の2科目が悲しい結果になっている。


3月14日追記
入学当時は、必ず2年で卒業できると確信していたが、現実はなかなか学習がはかどらず
4年次の5月頃には3年で卒業しようと考えていた。・・・・・


そして、今はというと、あと2年、合計4年間で卒業することに変更した。

今年度は、演習1科目でとりあえず4単位を取り、スクーリングと科目試験で20単位を取得し、
最終学年の1年間で卒論(8単位)をまとめようと考えている。




卒論のテーマはいろいろと考えているけど、まだ決まっていない。
以前は租税法にしようかなとも考えていたけれど、レポートが落ちてしまい
再チャレンジするには、時間がかかりすぎる気がする。

国際法で「宇宙ごみ」とかも頭をよぎったけれど、文献があるかどうかもわからない。
たぶん、英文とかだと、文献はあるんだろうけど、英語は中卒レベル以下だから、あと2年で卒業
するには、荷が重すぎる。

とりあえず、2016年度は卒論のテーマを考えつつ、24単位を取得しようと思う。
[PR]
by koubaidou | 2016-02-24 00:21 | 卒業までのみちのり
<< イタリアから帰ってきた Dで合格 >>