落ちた

予想通り、1月10日の科目試験・法学はEをいただいてしまった。

Eになった理由を僕なりに考えてみた。

1.僕の学習時間が足りなかった。(10時間未満)
たぶん、学習時間を10倍にしても、合格点はもらえなかったと思う。

2.出題者の意図をくみ取れていなかった。

上記理由により、法学の関所を今回の科目試験では通ることは許されなかった。
最大の理由は(2)の出題者の意図を、ここ1年の過去問をみて
理解できなかったことが大きい。僕の能力不足だ。

出題の先生は、「法学はアリの目で見えてこそ、鳥の目で見えるようになる」と言っているような
気がする。実際に問題は「アリの目問題」だ。

逆に、僕は、「法学は鳥の目で見えればそれでいい」と考えていた。落ちた今も、今後も
考えは変わらないだろう。鳥の目で見ないと、法の本質は見えてこない。



別の視点で、法学の過去問(1年間)を見てみると、出題の先生は、卒業というゴールに向けての
単位取得は法学以外の科目でも取れるし、法学であってもスクーリングで取ることができる。

つまり、卒業へのゴールはアリの目ではなく、鳥の目で見なくてはならないと
高いところから、僕たち学生に示唆しているのかもしれない。
[PR]
by koubaidou | 2015-02-03 00:18 | 科目試験
<< 卒論へのみちすじ 2015年予定 >>