長女の友達が検察官に

長女の高校時代の友達が検察官になるみたいです。長女がそう言っていました。その友達は、長女の高校時代、ぼくの家(長女の部屋)に2回ほど、泊まりに来て、夕食をともにした女子です。

大学受験では、最難関大学を目指しましたが、残念な結果に終わりました(うちの次女も同じ)。大学卒業後、中央大学法科大学院に入り、最初の司法試験で、なんと、合格者の上位3割に入り、・・・(途中経過はわかりません)・・・検察官に内定したようです。おめでとうございます。

長女の友達ですけど、ちょっと、誇らしく思えてしまう、ぼくがいました。


[PR]
# by koubaidou | 2017-08-16 20:57 | 日々あれこれ

4年目の夏スクが終わった

4年目の夏スクが終わりました。

たぶん、最後の夏スクになると思います。

受講したのは、手形・小切手法。

試験は、予想通りの問題でした。

第一問は、用語の意味を問うもので、ぼくは「約束手形とは」どのようなものか、と予測していましたが、「設権性」が問われたので、問題なく記述することができました。無因性、設権性、文言性、と初日の最初に学習したので、よく覚えていました。

第二問も・手形理論と・手形の裏書(選択課題)の事例問題だったので、前者を選んで手形理論の学説を記述して、持論を書いてきました。
契約説を支持しながら、契約説では保護しきれない第三者の保護について、権利外観理論で、助けることができる、という結論を導き出しました。



試験問題は、講義のなかで、それなりにしぼることができるような発言もあったので(ぼくにとっては)、やさしい良い先生でした。

たとえば、「いろいろな学説があるけれど、判例の学説を支持する必要はなく、自分の考えを書けばいい」とか、・・・・・この発言って、ぼくたちに、レジュメをみれば、出題範囲の予測ができるでしょ、との温情だろうと、ぼくは、かってに思っています。

事例問題は2問中1問を選択するということで、ぼくは、手形理論と白地手形だろうと思っていました。手形理論は的中しましたが、白地手形はでませんでしたね(手形法の本質を理解していないことが露呈してしまいました)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の夏スク費用概要
ホテル宿泊費 約30000円
交通費 7000円
食事費他 8000円
スーツケース宅配費 1500円
スク代 6000円
合計 52500円

地方からスクーリングに行くには、けっこう費用がかかりますね。




[PR]
# by koubaidou | 2017-08-15 22:16 | 卒業までのみちのり

最後のレポート

こんばんわ。

手形小切手法・第二課題のレポートが、やっと、今、書き終わりました。疲れました。このレポートが中大通信の最後のレポートです(合格すれば)。

明日から、卒論に着手して、今年度の卒業を勝ち取りに行きたいと思います。

おやすみなさい。

[PR]
# by koubaidou | 2017-07-05 23:47 | レポート

手形・小切手法レポート

こんばんわ。


6月17日にポスト投函した「手形・小切手法」の第一課題レポートですが、なんとか【B】の合格をいただきました。

今週中に、第二課題を提出して、最後の夏スクに挑みたいと思います。

昨年の夏スクは国際私法はレポートが間に合わず、国際法はスク試験に落ちてしまって、交通費と宿泊代が無駄になった最悪の夏だったので、今年はなんとしても夏スク前にレポート合格を勝ち取って、卒論以外の最後の4単位を取得しようと思っています(国際法は科目試験で単位取得済みです)。

「交通費と宿泊代が無駄になった最悪の夏」と書きましたが、それは、ぼくだけの金銭の問題で、ぼくの支払ったお金は他の人の所得になっていったので、無駄ではなかったんですよね、、、きっと。



今はまだ卒論にも手がついていない状況で、まだまだ先の話になりますが、中大を卒業したら、通信制の建築学科に入ろうと考えています。今までは、法というフィルターを介して人を視ようとしていましたが、今度は建築(歴史・文化を含む)というフィルターで、人を視てみたいと思います。

おやすみなさい。


[PR]
# by koubaidou | 2017-06-27 23:53 | レポート

あと12単位になった

こんばんわ。

5月の科目試験ですが、労働法、なんとか合格していました。まったく勉強していない範囲(労働者の保護概念)だったので、試験後の感触として、合格する自信は得られなかったのですが・・・、
合格して、また一歩、卒業に近づきました(物権は棄権しました)。



卒論に関しては、5月に卒論入庫説明会(中央図書館)と卒論特別貸出の申請に行ってきました。卒論入庫説明会がAM11だったので、地方在住のぼくは、前日から立川駅隣接のホテルメッツに泊まって参加しました。

卒論提出までの時間的余裕は全くありませんが、最小のインプットで最大の効果が得られるよう、戦術を考えていくつもりです(戦略や戦術を考えることが、ぼくは好きなのです)。


[PR]
# by koubaidou | 2017-06-05 22:41 | 科目試験

5月科目試験

5月14日に駿河台まで科目試験を受けに行っていました。とりあえず、申し込んでいた科目は、個別労働法と物権。

物権は、試験対策の時間が捻出できそうもなかったので今回は、労働法のみの試験対策をしました。

試験対策といっても過去問を学習するだけで、2017年1月まで出題していた「K先生」の過去問の模範解答的なものを、自分で作成し、それを記憶するだけの学習法です。




そして、今回の問題はというと、残念ながら「K先生」用の対策は、ほとんど意味をもたないものとなりました。出題した先生は「Y先生」に変わり、出題は「社会・会社・人・労働者」などなどをマクロ的視点で捉えているか、みたいなものに変わりました。

Y先生は今回、以下のような問いを、ぼくたちにしたんだと思います。

「現代社会における労働者はいかに保護されるべきであるか」
(問題文は異なります)

ぼくは、問題文をみたとき、参照物不可の意味がやっとわかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きは、また次に書きます。

[PR]
# by koubaidou | 2017-05-18 22:57 | 科目試験

卒業てきるかな?

こんばんは。

Eをもらっていた、個別労働法の第4課題がA評価をいただきました。これでなんとか5月の科目試験を受けることができるので、一発でクリアしたいところです。


ぼくが、今年度で卒業するには、あと16単位が必要で、卒論と、4単位科目を2つとる必要があります。1月の科目試験は物権を受けましたが、数時間の学習時間では、合格点をもらうことはできませんでした。個人的には、それなりに書けたので4単位はゲットしたな、と思っていましたが、現実は、厳しいですね。でも、ほとんど無学習だったので、落ちても心理的負傷はまったくありませんでした。5月の科目試験で、再チャレンジしたいと思っていますがどうなるでしょうか?


話はかわりますが、10月7~9日に、ぼくと妻、長女の3人で、黒部ダムと白川郷を周る予定をたてました。昨年の秋は、ぼくは1人で恐山、妻と長女は京都へと別々の行動だったのですが、今年は3人の思惑が一致いたしました。そのような計画の中で、ぼくとしては卒論が本当に仕上がるのか、ちょっと不安でもあります。

でも、時間はお金で買えないし、後戻りもできないので・・・、楽しい思い出を作ってこようと思っています。

[PR]
# by koubaidou | 2017-04-25 23:12 | 卒業までのみちのり

レポート合格

こんばんわ。

ここ数ヶ月、中大通信についてはさぼりぎみでしたが、やっと、個別労働法の第一課題が合格しました(E→A)。それと、同じ労働法の第四課題(Eをもらっています)が、あと数日でまとまりそうです。なんとか5月の科目試験を受けて、・・・「単位取得」と、なりたいところです。



卒論については、添削指導なしでいくことになりました(時間切れですね)。

卒論のために、とりあえず用意した本は、
卒論の書き方については、「社会科学系のための優秀論文作成術・川崎剛」と「論文の教室 レポートから卒論まで・戸田山和久」です。卒論については、後者の方が、わかりやすいと思います。たとえば、「論文には、問いと主張と論証が必要だ」や「よい論証とだめな論証の違い」など、ぼくでも理解できる平易な表現で、卒論とは、このようにして書くのだ、と教えてくれています。


次に、卒論の論題については、とりあえず、知識のアウトラインをつくるために、以下の本を用意しました(いずれも、アマゾンで買った中古本)。

論究ジュリスト17、論究ジュリスト18、論究ジュリスト19
ネット検索が怖い、ビッグデータの支配とプライバシー危機、プライバシー権の復権、ネット社会と忘れられる権利

あと、用意する必要があるのは、表現の自由に関する本ですね。









[PR]
# by koubaidou | 2017-04-06 22:44 | 卒業までのみちのり

卒論そろそろ始めようか

こんばんは。

1月末に入院し、手術も無事におわって2月の第1週末に退院しました。
手術は腹腔鏡手術、全身麻酔でした。
おなかに3か所傷が残っていますが、現在、痛み等は全くなく、完全復活いたしました。



卒論に関しては、ずいぶん出遅れとなってしまいましたが、とりあえず、今年提出するつもりです。
インストラクターの添削を受けるには4月3日必着なので、一発勝負になるかも知れません。




中大通信とは、全く関係ありませんが、スマホをiPhone6からiPhone7Plusに変更しました。
端末はアップルストアから通販で購入、simはocnにしました。
ocnはuqモバイルほどのスピードはでませんが、日中は大手キャリアと比べても遜色ないスピードです。

端末代は税込みで10万円を超えましたが、通信費は月額1728円で、3年使うと仮定した場合、
端末・通信費合計で、月額約4,500円となります。
iPhone6からiPhone7Plusへのデータ移動はicloudを利用して、超簡単に終了しました。

今まで使っていたiPhone6(simフリー型)は、買い取りサイトへ売る予定です。

[PR]
# by koubaidou | 2017-03-11 23:47 | 日々あれこれ

レポート2連敗

個別的労働法のレポートが、2連敗してしまった。

選んだ課題は、第1と第4。

第1課題の指導票では、「書くべきところ」が抜けているとのことだった。
設問は「有期労働契約の反復更新後の雇止め」についてだけど、最新の判例100選にも
同様の争点が問われている判例の記載はなかった(裁判例はあります)。

第4課題については、整理解雇について、もっと掘り下げて(労契法16条の派生法理)まとめあげようと思う。

いずれにしても、来週から入院手術なので、・・・退院してから。





通信制大学を卒業するには、「モチベーションが大切だ」といわれているけれど、
ぼく自身は、特に熱くもならず、冷めもせず、3年間やってきた(計画は重要)。


卒論の題材も決まってきたので(憲法でいきます)、あと1年、今のスタイルで「卒業」する予定です。



[PR]
# by koubaidou | 2017-01-24 22:37 | レポート